高校留学しませんか?

高校留学での経験は人生に生かせる

黒板に何か書いている子供

今後社会に出て大きく貢献しようと思うなら高校留学を行って、経験を豊富にしておく必要があります。高校留学で得る経験というのは非常に大きく、今後の人生に生かせるものが多いので、自分の理想や夢があり実現させたいなら行っておいて損はないですよ。

高校留学に興味を持っている方が増えてきている今、高校留学はより身近になりつつあります。高校留学をすることで、日本にいては得られないような経験をすることができるのが大きな魅力です。そんな留学ですが、なるべく早いうちに経験を積んでおきたいと思う方もいるはずです。そういった方には、高校留学をおすすめしたいです。
高校生という多感な時期に高校留学することで、より人間的に成長できると考えられます。少し早いのではないのか、と思われるかもしれませんが、留学に早すぎるということはありません。より成長できる時期に、留学するというのは大きなメリットです。
高校留学を終えたあとの大学においても高校留学で学んだことは生きるはずです。もちろん、大学生活だけでなく、働くようになってからも高校留学で学んだことは生きることでしょう。高校留学は大きなメリットがありますが、決断するにはかなりの勇気がいります。費用もかかりますから、簡単に決断できないのも仕方ありません。
しかし、その分高校留学で得られることは大きいです。子供が高校留学に興味があるのならば、行かせる価値は十分にあります。日本に留まっているよりも、高校留学した方が広い視野を得ることができ、世界が大きく広がるはずです。高校留学のメリットをよく吟味した上で、ぜひ検討してみてください。

高校留学のデメリット

留学を行う事は未知の事を知る機会にも繋がる為、素晴らしいシステムとなっています。主に大学生が行う事が多いかと思われますが、高校生においてもその機会があるのです。しかし高校留学にはデメリットな部分も存在しているのです。そんな高校留学のデメリットについて掲載していきます。
まず留学出来るだけの語学が身に付いていない点です。小学校の授業でも英語が取り入れられ中学校になると義務教育で学んでいきますが、その程度の学力ではネイティブな方とコミュニケーションを取る事は難しいのです。塾等にてさらに細かく学んでいても実際に現地で対応する事は困難となってきます。万が一、事故や事件に巻き込まれてしまっても持っている学力での対応は不可能と言えます。
次に孤独感に悩まされる点です。留学行うとホームステイ先の両親や同級生との楽しい時間を過ごす事も出来ますが、言葉の壁や文化の違いにより精神的不安を感じる事が起こってしまいます。しかしその時に相談出来る相手がいなくて解決する事が困難となってきます。日本に居ればそこまで不安いなる事もありませんが、見知らぬ土地ではより一層深いものとなってきてしまいます。高校留学を行う事に素晴らしい面も多くありますが、デメリットな面もあるのです。

高校留学に向いている人のタイプ

高校留学に向いている人とは、どんな人なのでしょう。日本の私立高校の英語コース在学中に半年間カナダへ留学していた筆者からみた「留学向き」の人についてまとめてみたいと思います。まず第一に日本の教科書での英語学習は嫌いだけれど、文化に興味がある人。
特に音楽やアートに興味があったので留学したところ、海外で作品を通して友達を作って会話を楽しむうちに英語が身についてしまったという人が多くいました。
第二には日本での英語の科目成績はそこそこでも、積極的に自分から発することのできる人。たとえ成績が良くても、発言することそのものに消極的であるとせっかくのネイティブスピーカーとの会話の機会も消滅します。特に高校留学する段階では、大学とは異なり学問を中心に学ぶ・単位を取得するというよりも、日常会話によって周囲とのコミュニケーションが取れることの方が重要になってきます。これは欧米の教育自体が日本のそれとは異なり、学習する意欲や態度を評価する文化であるためです。
とりわけ留学生を対象としたESLを設置している学校だと、留学期間を通しての英会話能力の進捗状況、並びにそれまでに取り組んできた過程をまとめて評価するレポートを成績表と共に渡されるケースが多いようです。
このようにたとえ特に成績が良くなくても、将来的に英語をコミュニケーションツールとして扱いたいと思う人には大学段階での留学よりも、高校留学がおすすめです。


TOP

Copyright © 2016 英語をコミュニケーションツールとして扱いたいと思う人は高校留学 All Rights Reserved.